かつて、書を学ぶ人は、先生のお手本の真似をしました。

そうすると、お弟子さんは先生よりちょっと下手。

そのまたお弟子さんは、さらにちょっと下手。

これでは書はどんどんつまらないものになって行きます。

 

現代の書の基本は、「古典の臨書(りんしょ)」です。

臨書とは、古典の名品を手本にして学ぶことです。

千年以上もの年月を超えて伝えられてきた名筆の数々。

それらの技法を学び尽くして、今までになかった自分の書を作っていくこと。

これが現代の書の学びかたです。

 

 

 

蘭亭序とは?

 

中国と日本の書の古典の中で、第一にあげられる名品が「蘭亭序」です。

 

永和9年(353)3月3日、会稽郡の山陰県(今の浙江省紹興市)の蘭亭に42人 の紳士が集まり、みそぎをして、酒を飲み、詩をつくり合う集まりが行われました。

ここで詠まれた詩集の冒頭に書かれた序文の草稿が、蘭亭序です。

 

蘭亭序

蘭亭序は、書道史上、最高傑作といわれながら、真跡は残っていません。

おびただしい数の摸写や臨書、刻本が伝えられています。

 

蘭亭序

それらの中から、有名なものを比較して見ましょう。

右から「神竜半印本(墨本)」「神竜半印本(刻本)」「張金界奴本(秋碧堂帖)」「張金界奴本(餘清斎帖)」「定武本」「開皇本」です。

 

同じように見えますが、一字一字比較してみると、少しずつ違っているのがわかります。

 

どれが原跡に近いか、やかましい議論が繰り広げられてきました。

古来、もっとも評価が高かったのは「定武本(ていぶぼん)」です。

今では研究が進み、「神竜半印本(しんりゅうはんいんぼん)」と「張金界奴本(ちょうきんかいどぼん)」がもっとも原跡に近いと言われています。

 

蘭亭序

左が神竜半印本(墨跡本)、右が張金界奴本(餘清斎帖)です。

テキストシリーズ「蘭亭序」シリーズ・書の古典「蘭亭序」には、両方掲載されています。

それぞれ味わいが異なるので、ぜひ両方習ってみてください。

 

神竜半印本はかなり後世の臨摸本だという説もありますが、筆路が明快なので、今回はこちらを使って学んでいきましょう。

 

 

蘭亭序を学ぶ

 

それでは実際に臨書を始めましょう。

お手本は、シリーズ・書の古典「蘭亭序二種」です。

 

 

蘭亭序は完成した作品ではなく、作品にする前の草稿ですから、文字の大小や傾き、線の太さなど、一律ではありません。

これこそが蘭亭序の最大の魅力!

自由自在に書きながら、抜群のバランスが生まれ、しかも生き生きとしたリズムに満ちています。

 

このすばらしさを味わうために、できるだけ原本に似せて書いてみましょう。

自分勝手な形に変えてしまうなんて、もったいない!

まずは自分を捨てて謙虚になり、原本のリズムや形をそのまま学んで、すばらしさを味わい尽くしましょう。

 

蘭亭序

原本の素晴らしさを味わうといっても、書かれているのは漢字です。

それなのに、よくわからない形の漢字がありますね。

わからない理由は、「活字」の形と違うからです。

 

「活字」は、限られたスペースでたくさんの情報を伝えるためにデザインされています。

それとは別に、書きやすく、美しく見える文字が発達しました。

それが手書き文字である「筆写体(ひっしゃたい)」です。

 

今回は、上の赤い四角で囲った文字について、詳しく見て行きましょう。

 

蘭亭序

上の三字は、筆順に注意が必要です。

 

 

歳 筆順

「歳」は、まず、上部が「止」ではなく「山」になっています。

書の歴史の中で、「止」を「山」に書くことはたくさんありました。

そして、下部の四画め、活字だと「小」ですが、ここでは三つの点です。

左から順に書きます。

 

 

至 筆順

「至」の赤でマークした「点」は最後に書きます。

意外だと思う方も多いかもしれませんね。

点画がよく見えない時は、同じ作品内の別の場所に同じ字がないか調べましょう。

なければ、同じ人が書いた別の作品。文字の部分が同じでも参考になります。

 

至 筆順 王羲之

「至」という字は、蘭亭序の16行目にも出てきます。

また、ウ冠がついていますが「室」(蘭亭序の12行目)という字も参考になります。

上の画像で、白地に黒い字は蘭亭序、拓本は集王聖教序からとりました。

点を打つのは最後だということがわかりますね。

 

 

無 筆順

「無」の筆順は、横画三本を引いてから四本の縦画、列火です。

これが書きやすい、自然な筆順です。

 

 

さて、天来書院の「蘭亭序」の編者、筒井茂徳先生のご著書に、「行書がうまくなる本・蘭亭序を習う」(二玄社刊)があります。

形を正確に書くためのヒント満載! の素晴らしい本です。

この本では、文字を水平線と垂直線で囲んだ概形をとること、補助線を引くことが提案されています。

正しい形を知るために、とても役にたちます。

 

蘭亭序

下に明朝体の活字を入れてみました。

ずいぶん形が違います。

「歳」下部の左上から右下への線はとても長いのですが、なかなかこれほどは長く書けません。

活字のイメージにとらわれているせいかもしれません。

 

「至」はこんなに縦長です。

 

そして「無」の一番下の横画はこんなに長い。

漫然と臨書して、見逃してしまうと、もったいない。

美しい古典の字形をしっかりと捉えましょう!

 

 

蘭亭序

 

活字の形と、ものすごく違う字を集めました。

「賢」は最初の「臣」がとても大きい。

そして、下の「貝」が細長い。

アンバランスなのに、めちゃくちゃかっこいいと思いませんか?

「少」の最終画は、途中で太くなって、とても長い。

「林」の最終画もすごく長い。

手書き文字ならではの力強さ。

生き生きとしています。

模範生のような「美文字」ではなく、こういう字を書きたいものです。

ちなみに、「賢」の筆順は次の通り。

 

賢 筆順

 

くさかんむりの筆順

 

蘭亭序

 

「暮」と「蘭」には「くさかんむり」があります。

実は、くさかんむりの筆順が大問題です。

縦・横・横・縦と書く人が多いのですが、

 

草冠 筆順

くさかんむり 筆順

横・縦・横・縦が正しい!

 

蘭亭序

 

左の「萬(万)」は蘭亭序14行目に出てくる字です。

よーく見ると、二画目の縦画から横画へ続いています。

ですから、右の「蘭」のくさかんむりも同様に書くことになります。

つまり、横・縦・横・縦です!

縦・横・横・縦という筆順が使われるのは、もう少し時代が下がるようです。

とはいえ、くさかんむりは全てこの順番であるわけではありません。

ただ、作品によって縦・横・縦・横と書かれる場合もあります。ご注意ください。

 

続いて、「ハネ」について。

 

りっしんべん はねる

 

りっしんべんの字を集めました。

りっしんべんの最後、両端の字ははねていて、真ん中は止めています。

つまり、手書きの文字では、はねるかはねないかはその時によるんです。

 

 

シリーズ・書の古典テキストシリーズの『蘭亭序』には、編者、筒井茂徳先生の懇切丁寧な「字形と筆順」が載っています。

 

蘭亭序

 

上でご紹介したのはその一部です。

ぜひ実際の書物をご覧いただき、正しい臨書を楽しんでください。

 

 

最後に、臨書で作品を作る場合、一つの言葉や文章として完結している部分を選びましょう。

次の文章の最初の字が入っていたために、公募展で賞を逃すことがよくあるのです。

シリーズ・書の古典「蘭亭序」には、臨書で作品を作るためにオススメの部分(2字〜44字)が豊富に紹介されています。

 

蘭亭序 臨書

 

 

 

これから最後の配本が始まる「シリーズ・書の古典」。

全ての本に「骨書」「字形と筆順」「現代語訳」「作品にする時にオススメの部分紹介」がついています。

 

じっくりと勉強してみませんか?

 

書の古典の学びかた

 「九成宮醴泉銘を学ぶ」はこちら

 「孔子廟堂碑を学ぶ」はこちら