筆
筆墨硯紙
筆

華蔵山主珍玩(けぞうさんしゅちんがん)

昭和10年、比田井天来が古典臨書用の筆として考案した、硬い毛の筆。インターネットで配信された「高橋蒼石の書道教室」で使われました。穂元はほぐさず、穗の先端二分の一〜三分の一だけに墨をつけて用います。仿古堂製作の、天来書院オリジナルモデル。

YouTube「新しい筆に挑戦」で、高橋蒼石先生が実際に使っている動画(0分25秒から)を見ることができます。

  • 毛の硬さ硬い
  • 用 途古典臨書、半紙、半切
  • 対 象初心者〜専門家
  • 標準字数半紙4〜6字、半切2〜3行
  • サイズ穗8×51mm 全体260mm
  • 毛の種類馬、羊毛、狸
  • 定 価3800円+税
  • 【天来書院 】

ご注文

  • ご注文数:

*お電話でのご注文も受けたまわります。
 9:30~18:00(土日祝日は休み)

TEL.03-3450-7530