年譜  − HISTORY −

比田井南谷年譜
年表でみる南谷の活動・展覧会

比田井南谷 年譜

※青字は展覧会歴です。

1912(明治45) 0歳 2月1日、神奈川県鎌倉扇ガ谷に生まれる (名は漸)。1939(昭和14)年まで、父天来について書法を学ぶ。
1934(昭和9) 22歳 東京高等工芸学校印刷工芸科を卒業する。参謀本部陸地測量部に勤務。
1935(昭和10) 天来から南谷の号を受ける。「書道芸術社」の同人となる。
1937(昭和12) 25歳 「大日本書道院展」の審査員となる。
1937(昭和12) 「書道芸術社展」(東京)
1937~1941(昭和12~16) 「大日本書道院展」(東京)に毎年出品。
1939(昭和14) 父天来の死にあい、 その創設になる「書学院」を継承、書道の資料 、図書の管理運営の任につく。木内菊子と結婚。(1946(昭和21)年に病没)
1939~1944(昭和14~19) 機関紙『書勢』の継続発行および古碑帖の出版を行ない、古典書道の普及につとめる。
1940(昭和15) 「大日本書道院展」の参事となる。
1942(昭和17) 30歳 「興亜書道連盟展」の審査員となる。
1942(昭和17) 「興亜書道連盟展」(東京)
1945(昭和20) 空襲が激化し5月25日三宅坂の参謀本部・陸地測量部が炎上する。
終戦後、長野県に疎開。古文を基礎とし 、はじめて抽象的な書表現の実験をはじめ 、試作に対し「心線作品」と名付ける。
1946(昭和21) 「現代美術協会展」(東京)に日本最初の抽象的書作品『心線作品第1 電のヴァリエーション』他 2点を出品。
1946~1957(昭和21~32) 「日本書道美術院展」(東京)に毎年出品
1947(昭和22) 35歳 「日本書道美術院展」の審査員となる。
1948(昭和23) 「毎日書道展」の審査会員となる〈1986(昭和60)年まで〉。山枡康子(小葩)と結婚する。
国土地理院を退職。横浜精版研究所を設立。
1948~1985(昭和23~60) 「毎日書道展/毎日前衛書展」(東京)にほとんど毎年出品。
1954(昭和29) 42歳 「飛白」の書法を研究する。
1954~1955(昭和29~30) 「毎日書道展」に飛白作品数点を発表。
1955~1956(昭和30~31) 欧州巡回「現代日本の書:墨の芸術展」〈1955(昭和30)年 、東京国立近代美術館において国内展示〉
1956(昭和31) 「個展」(2月および10月の2回、東京、養清堂画廊)
1956~1960(昭和31~35) 「比田井天来記念前衛書展」(東京、村松画廊)を毎年企画開催し出品。
1957(昭和32) 45歳 拓本の技法を研究し、制作面に応用する。
「現代書道展」(東京、産経会館および銀座松坂屋)
1958~1968(昭和33~43) 英文『書道芸術』の著作を企画し、書学者伏見冲敬の協力により、中国書道通史の部を脱稿、 日本美術の研究・評論家エリーゼ・グリリとともに、英訳の大半を完了する。
1958(昭和33) 「日本前衛書展」(東京、銀座画廊)毎日新聞社主催「第1回前衛書代表作家展」(東京、そごう)「抽象絵画の展開展」(東京国立近代美術館);「個展」(東京、養清堂画廊)。
1959(昭和34)年 「国際美術協会」(東京) にて講演する。

サンフランシスコの「ルドルフ・シェーファー図案学校」に招聘されて渡米し、同校、および自己のアトリエに教場を設け、書法および書道史を教える。

「第5回サン・パウロ・ビエンナーレ展・出品作国内展示」(東京国立近代美術館)に10点展示
「個展」(東京、村松画廊)
「個展」(メルボルン、ギャラリー・A)
「個展」(東京、養清堂画廊)
毎日新聞社主催「第2回前衛書代表作家展」(東京、白木屋)
「日本美術の伝統と革新4人展」(オランダ、オッテルロー、クレラー・ミュラー国立美術館)
「第5回サン・パウロ・ビエンナーレ展」(サン・パウロ近代美術館)に5点展示
1960(昭和35) 「カリフォルニア州に収蔵される現代絵画彫刻展」(バークレー、カリフォルニア大学美術館)
「個展」(サンフランシスコ、
デ・ヤング美術館)
1961(昭和36) 「個展」(ニューヨーク市、日本クラブ)
「個展」(ニューヨーク市、ミーチュー画廊)
フライブルク芸術協会主催「現代日本書道展」(西ドイツ)
「個展」(米国で
指導した門人の作品展併催、東京・村松画廊)
1962(昭和37) 50歳 「国際文化会館」(東京) において在日欧米美術家に書法を指導する。書学院同人と共に、「天来遺業展」(東京、高島屋)の開催に協力する。
「天来遺業展」(東京、日本橋高島屋)に参加出品
「書道の400年展」(マサチューセッツ、ウオルサム、ブランダイス大学)

「現代日本の書・意味と記号展」(西ドイツ、ダルムシュタット、アウグスブルク、ベルリン)
「最近の収蔵品:絵画および
彫刻展」(ニューヨーク近代美術館)
1962~1964(昭和37~39) アメリカ巡回、「現代日本墨画展」
1963(昭和38) 第2回渡米、次の諸大学等で書道史の講演をする。ラトガース大学、リーハイ大学、ブルックリン・カレッジ、コロンビア大学、サラ・ローレンス・カレッジ、メリーランド研究所、ジャパン・ソサエティー(ニューヨーク)。
「書法と形象(Schrift und Bild)展」(西ドイツ、バーデン・バーデンオランダ、アムステルダム)
「現代日本の書」巡回
展(メルボルン、オーストラリア近代美術館、およびオーストラリア8都市)
「現代日本6人展」(ペンシルヴァニア、ベッレヘム、
リーハイ大学)
「個展」(ニューヨーク市、ミーチュー画廊)「第1回現代書道秀作展」(新潟、BSN新潟美術館)

東京タイムズ社主宰「第1回現代日本書家30人展」(東京、新宿伊勢丹)
1964(昭和39) 第3回渡米し、アレシンスキーやワラッセ・ティンらと交流。その後欧州を回る。その間ニューヨーク市およびニュージャージー州在住の美術家に書道史・書法を指導する。また次のアメリカおよび欧州の大学等で講演する。ルドルフ・シェーファー図案学校、プリンストン大学、アンティオーク・カレッジ、モント・ホリオク・カレッジ、アーラム・カレッジ、スミス・カレッジ、フェアリー・ディッキンソン大学、マサチューセッツ州立大学(以上アメリカ)、国立民族学博物館(オランダ)、バス・アカデミー・オブ・アート、ステーデル王立美術学校、オクスフォード大学、現代美術研究所(以上イギリス)、ヘッセン国立美術大学、ハイデルベルク大学(以上西ドイツ)、日本文化会館(イタリア)。
「個展」(東京、椿近代画廊)
東京タイムズ社主催「第2回現代日本書家30人展」(東京、新宿伊勢丹)
コーコラン美術館主催「現代日本美術」巡回展(ワシントン市、コーコラン美術館、およびアメリカ4都市)
1965(昭和40) 「個展」(ニューヨーク市、ミーチュー画廊)
「個展」(ニュージャージー、マディソン、フェアリー・ディッキンソン大学)
第10回メリー・ワシントン現代美術展」(フレデリックスブルグ、ヴァージニア大学、メリー・ワシントン・カレッジ)
「画沙会書展」(東京、ばんすい画廊)
1966(昭和41) 「国際文化振興会」(東京)にて講演する。
「個展」(サンフランシスコ美術館)
「個展」シアトル、ワシントン州立大学、ヘンリー画廊)「第2回現代書道秀作展」(BSN
新潟美術館)
1967(昭和42) 55歳 「個展」(東京、大倉画廊)
1967~1968(昭和42~43) 「現代日本の抽象書」展(ニューヨーク、ヘンプステッド、ホフストラ大学、エミリー・ロー画廊)
1968(昭和43) 「書道:墨の芸術展」(BSN新潟美術館)
1968~1970(昭和43~45) 東京タイムズ社主催「現代書壇名流展」(東京、日本橋三越画廊)に毎年出品
1969(昭和44) 『顔勤礼碑』(「書道技法講座」第5巻、二玄社刊)を執筆する。昭和19年以来休止の「書学院」の出版事業を再開し、比田井天来の著書や日中書道史上の稀覯の名品などの編集発行を行ない、『書学筌蹄』全20巻、『余清斎帖』全8巻その他種々の著作物を刊行する。第5回渡米、サンフランシスコ市のカリフォルニア大学公開講座にて講演する。
1970(昭和45) 「国際文化振興会」(東京)にて講演する。
「万国博美術展:調和の発見」(大阪、万国博美術館)
1970~1985(昭和45年~60) 「玄武書道展」(東京、銀座三越)に毎年出品
1971(昭和46) 第6回渡米、サンフランシスコ市のカリフォルニア大学公開講座にて講演する。
毎日新聞社主催「現代日本書道展」(アメリカ巡回)「比田井南谷・小葩2人展」(フランクフルト、ランブレッテ画廊)
1972(昭和47) 60歳 書学院同人および毎日新聞社主催の「比田井天来生誕百年展」の開催に協力する。妻小葩を喪う。第7回渡米。

「書壇前衛-書の探求展」(東京)の世話人の一人として、その実現に協力する。

「極小美術展」(アイオワ州立大学美術館)「比田井天来生誕百年展」(東京、日本橋三越)に参加出品
1972~1973(昭和47~48) 「書壇前衛-書の探求展」(東京、ギャラリー・センターホール)に毎年出品
1973(昭和48) 「日本現代書展」(マサチューセッツ、ケンブリッジ、アート・アジア画廊)
1974~1975(昭和49~50) 長野県、比田井天来生地に建設の「天来記念館」の設立に努力する。
1975(昭和50) 「天来記念館開館記念展」(長野県、望月町、天来記念館)
1976~1977(昭和51~52) ドイツ巡回「現代日本書展」(オッフェンバッハ、クリングスポール美術館、および西ドイツ4都市)
1977(昭和52) 65歳 「摩崖碑拓本展」(東京、東京画廊)に書学院蔵の中国書道の拓本を4回にわたって展示し、ひろく美術家に紹介する。
1977~1978(昭和52~53) 第9回渡米。バークレーのカリフォルニア大学の東亜図書館に蔵される約1000種の古碑帖拓本(旧三井文庫所蔵)の調査をする。
1979(昭和54) 「現代書道展」(アメリカ、シカゴ)に出品
「個展」(オランダ、ミッテルバーグ「世界現代音楽祭」に参加)開催。
1981~1983(昭和56~58) 「古碑帖臨書精選」(日貿出版社刊)に『伊闕仏龕碑』など8種の臨書を4冊にして発表。
1983(昭和58) 71歳 『現代書』全3巻(雄山閣刊)を共編、執筆する。
1987(昭和62) 75歳 『中国書道史字典』(雄山閣)刊行。自選作品集「比田井南谷作品集」(書学院出版部)を刊行。
1987(昭和62) 「個展」(東京、東京画廊)開催。
1999(平成11) 10月15日永眠、享年87。
ページのトップへ戻る