筆
筆墨硯紙
硯

研美(セラミック砥石)中目(・けんび せらみっくといし ちゅうめ)

硯で墨を磨ることができるのは「鋒芒(ほうぼう)」という、微細な突起があるからです。長い間使っていると表面がつるつるになりますが、これは鋒芒が摩滅し、あるいは硯面の凹部に膠が溜まってしまったため。その場合は硯専用の砥石を使います。

「研美」は水性の硯鋒芒目立砥石です。ハイセラミック製なので、墨の膠などの残留物をきれいに取り除きます。天然硯、セラミック硯にお使いいただけます。中目は一般的な硯に使います。

はじめに砥石を水に10秒程度浸し、十分に水を含ませます。続いて硯に水を入れ、墨を磨るように砥石で硯面を研ぎます。硯面にペースト状の粉体ができますので、付属のフェルトに水を含ませ、粉体を使って再びよく研ぎます。最後に水洗いをします。

ならや本舗製。

     
  • サイズ砥石20×20×50mm フェルト20×20×50mm
  • 定 価1000円+税

ご注文

  • ご注文数:

*お電話でのご注文も受けたまわります。
 9:30~18:00(土日祝日は休み)

TEL.03-3450-7530