2008年1月12日

彦狭島陵墓とすずめの樹

彦狭島王陵墓.JPG
佐久市旧望月町は比田井天来が生まれ育ったところ。もう何度も行きましたが、昨年12月、初めてここへ行きました。

由緒ある古墳だそうです。

とても静か・・・なはずが、ちゅんちゅんちゅんちゅんと、妙にすずめのさえずりがうるさい。

ふと見上げると

すずめの樹.JPG

すずめの樹だっ。漢代の画像石にも、こんなのあったなー。

境内(っていうのかな)を出ると二本の石柱が。

石柱二本.jpg

明治34年といえば、天来は30歳、上京して、小琴と結婚して、東京陸軍地方幼年学校の教授嘱託となった年です。ふるさとを愛し、訪れることが多かったといいますから、これ、天来が書いたのかもしれませんね。

 

一つ前の記事へ http://www.shodo.co.jp/blog/hidai/2008/01/post-9.html

天来書院トップへ http://www.shodo.co.jp

同じカテゴリの記事一覧